石けん・石けんシャンプーについて

石けん・石けんシャンプーについて

最初に石けんがどういったもので、どのように作られるのか?
その後に石けんシャンプーのメリット・デメリットをふまえて解説していきます。

石けんシャンプーは肌に優しそうだけど、使用感が良くないなどのイメージがあると思います。
間違った方法で使い続けると頭皮や髪の状態が逆に悪くなることもありますが、使用方法に気を付けると使用感も改善できるので参考にしてみてください。

石けんって

石けんは、天然素材で作られることや、古い歴史があるのも魅力的で、生分解(自然に分解)されるので環境に良いとされる界面活性剤です。

石けんの作り方

油脂や脂肪酸を、強いアルカリである苛性ソーダで中和して作る方法「中和法」と、天然の油脂に苛性ソーダを反応させて石けんとグリセリンを得る方法「けん化法」があります。
最近は自宅で手作り石けんを作る方も増えているようです。好きなオイルと苛性ソーダがあれば気軽に作れるのでぜひ試してみてください!

石けんの種類

石けんは、アニオン界面活性剤に分類され、アルカリの種類によって、大きく2つに分けられます。

①脂肪酸ナトリウム(ソーダ石けん) 

油脂(脂肪酸)を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で反応させたモノ。
固形石けんや粉石けんになります。

②脂肪酸カリウム(カリ石けん)

油脂(脂肪酸)を水酸化カリウム(苛性カリ)で反応させたモノ。液体石けんになります。

※「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」という成分表示のあるものが、「石けん」と呼ばれるものです。

石けんの特徴

石けんは、皮脂を落とすことが得意な界面活性剤です。

洗濯用洗剤にはとても適していますが、台所用洗剤としては物足りず、シャンプーとしては少し洗浄力が強いかも知れません。

石けんシャンプーとは?

石けん系洗浄成分が主成分のシャンプー。

洗浄力が強いため、皮脂を落とすのには最適で、安全性も高いです。

その反面、洗い上がりが他の界面活性剤と比べキシみやすいという特徴があります。

石けんシャンプーの特徴

石けん系洗浄成分が主成分のシャンプー。

洗浄力が強いため、皮脂を落とすのには最適で、安全性も高いです。

その反面、洗い上がりが他の界面活性剤と比べキシみやすいという特徴があります。

〈見分け方〉

商品の裏に表示されている成分表の初めのほうに、石けん素地(カリ石けん素地)、石けん分(純石けん分)、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム、と表記されているのであれば、石けんシャンプーになります。

〈代表的な成分〉

けん素地(カリ石けん素地)、石けん分(純石けん分)、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム

〇メリット〇

・洗浄力が強いため、皮脂を落とすには最適な界面活性剤なので、脂性肌の方にはオススメです
・洗い上りがさっぱりする
・安価なものが多い
・安全性が高い
・抜け毛や薄毛が改善できる
・頭皮の臭い対策にもなる

▼デメリット▼

・洗浄力が強すぎるため、過剰に皮脂を取ってしまう
・洗い上がりがゴワつきやすく、きしみやすい
・洗浄力が高すぎて、カラー(髪の色染め)が退色しやすい
・フケが出やすくなる場合もある
・アルカリ性なので、お肌が弱い方の使用は避けた方が良いでしょう
・石けんカスが残りやすい
・慣れるまでに数か月はかかる
・石けんカスなどの残留で臭いがでることも

石けんシャンプーで抜け毛や薄毛の改善に効果!

石鹸シャンプーは使い方を間違えなければ、「薄毛や抜け毛に効果」があります。

近年、私生活の乱れにより、男性だけでなく、若い女性にも薄毛や抜け毛が増えてきています。

・食生活の乱れ
・ストレス
・粗悪なヘアケア商品
など、様々な原因があります。

石けんシャンプーは頭皮環境を健やかに保つ効果があるので、頭皮が脂っぽい方、敏感な方に特におすすめです!

★脂性肌オススメポイント★

最近、アミノ酸系シャンプーと呼ばれるものがだいぶ多く見られますが、刺激が弱く肌や髪への負担が少ない分、脂性肌の方には洗浄力が物足りないこともあるので、皮脂が毛穴に溜まりやすくなることで髪の成長を妨げてしまう可能性があります。そのため、より洗浄力のある石けんシャンプーでしっかり皮脂を落としてあげることで頭皮の状態を健やかに保つことができます。

★敏感肌オススメポイント★

石油系シャンプーなど、刺激が強いシャンプーなどもたくさんあり、敏感肌の方が使用することで、頭皮が荒れてしまったりと、頭皮にダメージを与え続けることになってしまうことで薄毛や抜け毛の原因になります。

石けんシャンプーのごわつき・きしみの理由

石けんシャンプーはアルカリ性なので、それによって毛髪のキューティクルが開いてしまい、 開いたままのキューティクルが引っかかることにより髪がキシんでしまいます。


そして、石けんが水道水中のカルシウムやマグネシウムと反応して石けんカスができてしまいます。さらにその石けんカスに埃などが付着し、さらにベタベタになり、ごわつきの原因となるのです。

それを防ぐには為には、 石けんでシャンプーをした後に、「酸リンス」をするのが有効です。

アルカリにより開いたキューティクルを酸性であるクエン酸や食用酢を洗面器などで薄めて髪全体になじませることで、開いたキューティクルを閉じ、石けんカスも取り除いてくれます。

これを繰り返すことにより、髪の質感もかなり改善してくると思います。

*硬水の地域の方は、水道水中のカルシウムやマグネシウムが多い為、石けんカスができやすくなってしまうので、ごわつきをより感じてしまうかもしれません。

石けんシャンプーの使い方

1.軽くブラッシングで埃などをおとす

2.お湯だけのシャワーで頭皮、髪を丁寧によく洗う。

3.濡れた頭皮に石けんシャンプーをつけ、よく泡立てます。
(最初は、液体状の石けんシャンプーが使いやすいでしょう。)
*よく泡立てる事がポイントになります。
→良く泡立てないと、洗浄力を発揮できないのと、髪同士の摩擦が大きくなり、髪のダメージにつながります。

泡立ちが悪い場合は、石けんシャンプーを一度よく洗い流し、再度石けんシャンプーをつけ、よく泡立てましょう。

4.指先の腹で頭皮を良く洗う。
5.次にその石けん成分を泡立てるような感覚で髪を軽く洗う。
(髪は頭皮ほどよごれていません)

6.シャワーで丁寧によく洗い流す。

7.洗面器一杯のお湯にクエン酸や酢を10ml~15ml(大さじ一杯)程入れて、よくかき混ぜる。

8.酸リンスの入った洗面器に30秒ほど髪ごと漬けて、
指を手ぐしのようにして全体にいきわたらせます。
石けんカスを取り除くイメージで、指でよくとかしましょう。
(コームなどでとかしても効果的です)
髪が長い場合は、これをより丁寧に行うことが大事です。

この時、頭皮にもしっかりなじませる事も忘れずに。

9.シャワーでビネガーリンスをよく洗い流す。
(通常のリンスのように髪に残さないように全て洗い流す)

10.髪のまとまりや、ダメージヘアのケアには、
洗面器一杯のお湯にホホバオイルや椿油、マカダミアナッツオイルなどを小さじ一杯入れ。よくかき混ぜたものを、髪になじまたあと、よく洗い流してください。

石けん・石けんシャンプーのまとめ

石けんシャンプーの特徴で書いたように、洗浄力が強い・石けんカスが残りやすい・カラーリングが退色しやすい・フケが出やすいなど、一見デメリットが多くみえますが、しっかりとした使い方をして、慣れてきたら快適に使えると思います。

しっかりと洗い流さなかったり、酸リンスをしないと、きしみがでたり石けんカスなども残留し、独特な臭いがしてしまう場合もあるので気をつけましょう。

その他、乾燥肌やアトピーなどの皮脂の分泌が少ない方などは、皮脂を取り過ぎてしまうことや、お肌を弱酸性に戻すために時間が掛かってしまうので、アルカリ性である石けんは避けた方がいいかもしれません♪

石けんシャンプーが全て無添加で安全というわけではありません。無添加の石けんシャンプーが欲しい方は、保湿剤や香料、金属封鎖剤、酸化防止剤、保存料など、その他成分にも気を付けて購入しましょう。

こんな方におすすめ
  • 頭皮が脂っぽい人
  • 抜け毛や薄毛が気になる人
  • カラーやパーマをしていない人

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です