白髪によい食材は?【食を楽しみながら改善しましょう】

白髪によい食材は?【食を楽しみながら改善しましょう】

白髪によい食材は?

まずは白髪によいとされる食材の一覧を!

・乳製品
・肉類
・魚
・大豆食品
・海藻類
・ゴマ

白髪によいとされる栄養素の一覧

・チロシン
・タンパク質
・亜鉛
・鉄分
・ビタミンB類

これらの食材がなぜよいのかを栄養素と共に説明していきます。

乳製品

乳製品

まずは「カルシウム」に、毛根にある色素を作る細胞の活性化をうながす作用があります。
そしてもう一つ
「チロシン」というアミノ酸が髪の《色の元》となるもので、乳製品はこの「チロシン」という栄養素を多く含みます。
体内の「チロシナーゼ」という酵素とアミノ酸「チロシン」が合わさることによって髪の色素ができるのです。

もともと「チロシン」はチーズから発見されたもので、ギリシャ語でチーズを意味するそうです。
チーズを食べる場合、プロセスチーズでも良いのですが、できれば生きた乳酸菌が入っている、ナチュラルチーズの方が良いですね。


食べて摂れる量も限度がありますので、もし手軽に摂取するのであれば、サプリもオススメですので、ぜひ参考までにどうぞ。

 チロシンたっぷりでおすすめの白髪予防サプリ:『黒フサ習慣』
  • 1粒で50mgのチロシン
  • 天然型のチロシンのみを使用
  • 黒ごま・海藻類・レバーなどその他のエキス成分も

メラニン色素のもととなるチロシンをはじめ、健康な髪に役立つ栄養素を、手軽にバランスよく摂れるサプリです。1回の目安は2~4粒程度、寝る前の習慣で効率のいいチロシン摂取が期待できます。

黒フサ習慣 ブラックマックスS 62粒
created by Rinker

大豆食品

大豆食品

大豆食品にも「チロシン」が含まれているので、乳製品が食べれない方でも大丈夫!
大豆は、白髪の為だけでなく身体に全体に良い食材です。
タンパク質をはじめ、脂質、糖質、ビタミンB1、ビタミンE、カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅葉酸、カリウム、マグネシウムなど、栄養素の種類がとても豊富。そしてビタミンやミネラルの含有量が多いのです。
「大豆レシチン」や、抗酸化作用を持つ「大豆サポニン」、善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」なども入っていて良いことずくし。
そして「大豆イソフラボン」は、年齢を重ねると女性ホルモンのエストロゲンが大きく減少してさまざまな不調が現れますが、大豆イソフラボンがそうした女性の健康をサポートする可能性があると考えられています。

肉・魚・卵

タンパク質には、体内で「チロシン」に変わる、とっても大事な「フェニルアラニン」という必須アミノ酸が多く含まれています。
これは体内で生成できないので食事やサプリから摂るしかありません。
しかし、ベジタリアンの方でない限り普通に生活をしていれば、不足することはないでしょう。

ゴマ・海藻類

ゴマ・海藻類

ゴマや海藻に多く含まれる「亜鉛」は直接的にも間接的にも活性酸素を除去するので、白髪を予防する上で重要な栄養素です。

「ビタミンC」と一緒に摂ると「亜鉛」の吸収率がよくなるので、ぜひ果物などと合わせて摂るとよいですね。

まとめ

乳製品や大豆食品は日常にあふれているので、ぜひ色々な組み合わせで食べてみてください。
この記事の知識を知っているのと知らないのでは、きっと意識がしかたが変わってくるはずです。
ぜひ今日から食を楽しみながら白髪改善と対策をしていきましょう。

白髪ってなぜ生えてくるの?抜くと増えるって本当?

白髪ってなぜ生えてくるの?抜くと増えるって本当?

2019年4月26日

こめかみ・顔回りに白髪が多い理由?【生えてくる場所によって理由があります】

2019年4月25日

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です