梅雨対策!縮毛矯正とストレートパーマ【パツンとならない自然なストレートヘアに】

梅雨時期どうしても髪が膨らんでしまう
ストレートアイロンでクセをのばしても結局うねってしまう

縮毛矯正は【パツン】となってしまうというイメージがある人もいるではないでしょうか?

美容師をしていてお客様から聞く中で一番多い悩みがクセ毛とも言えます。

これからやってみたいけど迷っている方に読んでいただきたい記事ですので、是非参考にしてみてください☆

はじめに

最近の縮毛矯正やストレートパーマの薬剤は、昔に比べてかなり髪に優しくつくられるようになりました。


皆さんが中学生の頃パツンパツンに真っ直ぐになってしまっている子はいませんでしたか??


今ではだいぶ薬剤が進化し改善されてきているので、「パツン」となりにくくなっていて、より自然なストレートにできるようになってきました。


とはいえ、施術をする美容師の腕がかなり重要になるのは今も昔も変わりません☆

 

1.どんな髪質にどっちがオススメか?それぞれの目的とメリット・デメリットは?

*縮毛矯正

どんな人にオススメ?

・クセがかなり強い人

・ボリュームが出過ぎてしまう人

目的

・強いクセをのばす。

・ボリュームダウン。

メリット

・ツヤがでて、手触りもサラサラになる。

・半永久的に真っ直ぐのまま持続する。

デメリット

・アイロンで髪に熱を加える為負担が掛かる。

美容師により仕上がりの差がかなりでる。(しっかりクセがのびてなかったり毛先がパツンと真っ直ぐなり過ぎるなど)。


・パーマがかからない(厳密にいうとかけれるが、かなり負担が掛かる為やめたほうがいい)

料金10000円~20000円 (+カット料金)

*ストレートパーマ

どんな人にオススメ?

・ちょっとしたうねりをとりたい。

・ボリュームダウンしたい。

・パーマを落としたい。

目的

・弱いクセ(うねり程度)をのばす。


・ボリュームダウン。

メリット

・自然な真っ直ぐ感。

・ほど良いボリュームダウン。

・縮毛矯正に比べ髪への負担は少ない。

デメリット

・矯正力は弱いのでクセが強い人にはむかない。

・少しづつクセが出てくることもあります。

料金6000円~10000円 (+カット料金)

※下の方で詳しく解説しています。

2.毎日アイロンを使うのであれば・・・

毎日ストレートアイロンやコテなどを使ってクセをのばしたり、ボリュームをおさえたりしているのであれば、縮毛矯正やストレートパーマをした方が毎日アイロンするより傷みも少ないですし、圧倒的に朝のヘアスタイリングが楽になります



3.縮毛矯正とストレートパーマの違いは?

⑴仕組みはほぼ同じ


⑵サロンによって薬剤が違う事もある


⑶途中でストレートアイロンをするかしないか。(縮毛矯正はする)


⑷縮毛矯正は美容師の技術で仕上がりがだいぶ変わってしまう


⑸施術時間


⑹料金

*髪質や髪のダメージによっては縮毛矯正でもストレートアイロンをしない場合もあります。一般的な施術方法での違いですのでご了承くださいませ。

《仕組み/手順》

最初は薬剤(第1剤)で髪の結合を切断し、柔らかな髪の状態をつくります。

流す

 *ここまでは両方とも一緒です

[縮毛矯正]           [ストレートパーマ]

乾かしてからアイロンでクセをのばす       乾かさず次の工程へ

*熱を加えながら、髪の毛を真っすぐに整えます。

最後に薬剤(第2剤)で髪を再び結合させてます

4.【縮毛矯正の特徴】


縮毛矯正ではアイロンで熱を加えて髪を真っすぐにし定着させるので、根元からくせ毛や縮れ毛を矯正でき、半永久的に真っ直ぐな髪が持続します。

頑固なクセ毛でお悩みの方にオススメなメニューです。


顔周りや前髪だけなどポイントでできる

☛クセがでやすい顔回りだけでも真っ直ぐするだけで、かなり印象もかわるので、部分的に気なる方は是非試してみて下さい☆

ペタンコ髪になる場合もあります

☛縮毛矯正は髪の毛がかなり真っすぐになってしまうので、ボリュームがなくなり、いわゆるペッタンコになってしまう場合もあります。
ボリュームのいらない方はやった後に感動するくらい髪が変わると思います♪

美容師の技術で、仕上がりにかなりの差がでてしまいます!!!

薬剤の選定、塗り方、髪への薬剤反応の判断やアイロンの仕方により、びっくりするくらい差がでることも・・・

(例)・クセが綺麗にのびてない。毛先がピーッンと不自然な真っ直ぐになってしまう。・薬剤の過剰反応で髪がチリチリに。

 

上手な美容師さんに出会う事が一番なんですが、こればっかりは運もありますね・・・
友達などで縮毛矯正をかけている方に紹介してもらうのも良いと思います。

料金が高い

☛美容室のメニューの中でも一、二を争うくらい高額なメニューです。
相場としては、単体で10000円~20000円くらいかかります。
東京の有名サロンなどはもっと高いところもありますので、一度確認してみるのもよいでしょう。
あまりにも安いお店は、気を付けた方がよいかもしれません。安いにはそれなりの理由があるはず・・・

施術時間が長い

☛縮毛矯正だけで、だいたい2時間前後はかかります。ここにカットなどの時間をプラスすると合計3時間程度はかかるでしょう。

5.【ストレートパーマの特徴】


ちょっとしたクセ(うねり程度)は綺麗に自然なストレートになります。

そして、クセはそこまで気にならないが膨らみやすい方や毛量が多い方などには、ほど良いボリュームダウンができるのでオススメです☆


パーマ落としには最適

☛パーマに飽きてしまった方などは、ストレートパーマで簡単に落とすことができます。

縮毛矯正に比べて、美容師によっての仕上がりの差はでにくいでしょう

☛縮毛矯正に比べ、そこまでシビアに薬剤の反応を見なくても大丈夫ですが、しっかりとカウンセリングはしてもらい、ボリュームダウンの加減だったり、全体のおさまりを理想の仕上がりにしてもらいましょう

料金はそこまで高くない

☛相場としては単体で6000円~10000円くらいでしょう。
一般的なパーマより少し高いくらいですので試しやすいところも魅力的です。

施術時間は縮毛矯正より短い

施術時間は縮毛矯正より短い☛単体でだいたい1時間~1時間30分程度で終わります。カットと合わせて合計2時間程度はかかるでしょう。

6.最近流行りのトリートメントストレートパーマ

 

今までのストレートパーマに比べダメージが少なく、ちょっとしたクセも綺麗に自然なストレートになり、ほど良いボリュームダウンもできます。
さらに手触りもよりサラサラでツヤもでるので、とてもオススメです♪


☆髪質改善としてやっている美容室も多くあります☆



【一般的はストレートパーマと何が違うの?】

基本的に施術工程は一般的なストレートパーマと同じくらいです。

☛サロンによって薬剤や施術方法は違ってきますが、私の働いていたサロンでは、髪質によって内容は少し変わりますが、薬剤にトリートメントを混ぜたり、施術前と施術途中、施術後にトリートメントをしたりしていました。


その他、髪質によっては縮毛矯正より低温のアイロンで、少し熱を加えクセをのばしたり、ツヤを出したりも可能です☆


ストレートパーマと同様に、強いクセは真っ直ぐにはならないので、その場合は縮毛矯正にしましょう。
しかし、ダメージを考えたり、少しクセが弱くなればいいくらいの方はトリートメントストレートパーマでもよいです。


主に薬剤が、化粧品登録で髪に優しいものになります。

☛一般的なストレートパーマより髪に優しく、なにより手触りが良いです。
コスメストレートパーマと呼んでいるサロンもあります。

料金は縮毛矯正とストレートパーマの間くらいです

☛相場としては単体で10000円前後くらいです。

施術時間ストレートパーマと同じくらい

☛単体でだいたい1時間~1時間30分程度で終わります。カットと合わせて合計2時間程度はかかるでしょう。




値段は少し従来のストレートパーマより高いですが、そこが問題なければトリートメントストレートパーマの方がオススメです☆
ダメージ、手触り共にトリートメントストレートパーマの方が優れています!


7.よく聞くお客様からのQ&A

よく聞くお客様からのQ&A
施術した日はシャンプーはしていいの?

A : 施術した当日は、まだ髪が安定していないので最低1日はシャンプーはしない方がよいです。


当日どうしてもシャンプーをしたい方には「お湯洗い」にしておきましょう!「お湯洗い」とはシャンプー剤はつけずにお湯だけで流すだけです。

カラーやパーマと一緒にやっても平気?

A : できないことはないですが、髪への負担を考えると別日の方がいいですね。

巻き髪はできる?

A : できますが多少持ちが悪くなります

髪は結んでいい?

A : 施術当日は結ぶのはやめましょう。できれば念のために一週間くらいはきつく結ぶのは控えた方がよいです。

髪は傷む?

A : 傷みます。ですが、しっかりと美容師さんに髪のカウンセリングをしてもらい、なるべく負担のかからないようにしてもらいましょう。初めて行く美容室の場合、カウンセリングの際にしっかりと今までの髪にどんなことしてきたか伝えましょう。縮毛矯正とストレートパーマや通常のパーマ、ブリーチしたことがあるなど☆
髪の施術履歴をしっかり伝えておかないと髪に思わぬ大ダメージを負う場合があります!

どのくらいのスパンでやった方がいい?

A : クセが強く縮毛矯正をされる方の場合は3~4か月。クセがあまりない方は年一回で梅雨前にかける程度で大丈夫です。

縮毛矯正をかけた後はパーマできるの?

A : デジタルパーマなどでできないことはないですが、髪への負担を考えるとやめておいた方が良いでしょう。
コテなどを使い、日によって巻き髪を楽しんだり、ストレートを楽しんだりした方が色々と変化を楽しめると思います☆
基本的には縮毛矯正した髪にパーマをかけるのは危険です!

市販のストレートパーマはどうなんですか?

A : 自宅でのセルフ縮毛・ストレートパーマは絶対にNG!
美容師でも難しい技術ですので、セルフでやってしまうと傷んでしまって最悪のケースはチリチリになってしまいます。



まとめ

今まで縮毛矯正やストレートパーマをやってきた事のない方は、是非一度は試しても良いと思います。
特にクセの強い方は感動するくらいお手入れが楽になるでしょう。

そこまでクセのない方でも梅雨時期には広がったり、うねりが気になる時期ですので、担当の美容師さんと相談して決めてみてください☆



スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です