ノンシリコンシャンプーで髪がきしむのはなぜ?原因と対策を解説します!

ノンシリコンシャンプーで髪がきしむのはなぜ?原因と対策を解説します!

前に「シャンプーの選び方」の記事でも紹介したのですが、「髪の毛の補修や、質感向上はトリートメントの役割なので、シャンプーはノンシリコンがオススメ、、、」だと思っています。
ただ、ノンシリコンシャンプーだと髪がごわごわしたりきしんでしまうのはなぜ、という質問をいただいたので、今回はなぜノンシリコンシャンプーで洗うときしんでしまうのか?
「きしまないノンシリコンシャンプーを選ぶコツ!」を簡単に紹介できればと思っています!

1.ノンシリコンシャンプーで髪がきしんでしまう理由

髪の毛は、適度な油分が残っていることで潤いがキープされて、なめらかな手触りになるのですが、油分が無くなると、手触りが悪くなりきしむ髪の毛になります。
つまり、原因はシャンプーに使われている界面活性剤にあり、洗浄力が強い(脱脂力が強い)シャンプーを使うと、髪表面の油分が無くなって髪がきしんでしまいます。

2.髪がきしまない、「ノンシリコンシャンプーの選び方」

自分が使っているシャンプーがどのような界面活性剤を使っているかは、背面の全成分を見ると判断できると思います!
下の図を参考に確認してみてくださいね!

2.髪がきしまない、「ノンシリコンシャンプーの選び方」

①髪がきしむ可能性が!洗浄力が強すぎる界面活性剤を避ける

洗浄力が強い界面活性剤をいくつか紹介しますが、基本的に「高級アルコール系・石油系界面活性剤」は、泡立ちはよいですが、洗浄力はかなり強めです!

〈見分け方〉

〇〇硫酸など以下のような成分が書いてあったら高級アルコール系シャンプーです。

〈代表的な成分〉

「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウレス塩酸アンモニウム」「ラウリル硫酸塩」など

「高級アルコール系・石油系界面活性剤」は安価の為、安いシャンプーで使われることが多く、脱脂力が強すぎて手触りが悪くなってしまうのでシリコンを入れて手触りを良く見せていることが多いです!
ノンシリコンシャンプーでも安価なものは、「高級アルコール系・石油系界面活性剤」をメインで配合しつつ、アミノ酸系の界面活性剤を配合して「アミノ酸配合シャンプー」などとうたっていることも多いので、注意して全成分を見ると良いと思います。

②髪がきしまない!オススメの界面活性剤

アミノ酸系の界面活性剤は、比較的洗浄力がマイルドなので、髪がきしみにくいです。
沢山あるのですが、髪がきしみにくい界面活性剤を紹介しますね!

コカミドプロピルベタイン

ヤシの実由来の界面活性剤でアミノ酸系シャンプーでよく見る成分です。

低刺激で柔軟性がある為、リンスインシャンプーなどトリートメント効果があるシャンプーに配合されることも多い成分です。

泡立ちもよく、ベビーシャンプーに使われるくらい安全性も非常に高いです。

ココアンホ酢酸Na

乳化剤としても使われることがある界面活性剤です。

髪にツヤを与えて柔軟にしたり、肌にうるおいと柔軟性を与えるという特徴がありシットリした洗い上がりになる成分です。

ココイルグルタミン酸Na

ココヤシ由来の界面活性剤です。

洗浄力が優れており、低刺激のため敏感肌用シャンプーや子供用シャンプーにも使われる、比較的洗浄力の高い成分です。

ココイルメチルアラニンNa

ヤシ由来の界面活性剤でしっとりとした洗い心地で、洗浄力も高く、刺激が少ない成分です。
高価な成分なので、他の成分と合わせて使われることが多いです。

ラウロイルグルタミン酸Na

アミノ酸の1つのL-グルタミン酸と、ヤシ油などの天然の脂肪酸から作られた界面活性剤です。

泡立ちがよく洗浄力がマイルドなのでしっとりした洗い上がりです。クレンジングなどにも使われることが多い成分です。

ラウロイルメチルアラニンNa

パームやヤシ油由来の界面活性剤です。

弱酸性で洗浄力もある程度あり。ふんわりとした洗い上がりになりやすく、安全性も高い成分です。

高価な成分なので、他の成分と合わせて使われることが多いです。

3.結論!髪がきしむ場合は、トリートメントで改善!

ノンシリコンシャンプーは、シリコン入りのシャンプーと比べると絶対に手触りは劣ってしまいます、、、
ただ、シャンプーは髪の毛を洗う!ことが目的なので、多少手触りが悪くても問題ないと思っています。

髪の手触りや、ダメージの改善は「トリートメントの役目」です!
別の記事でトリートメントの選び方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

4.まとめ

ノンシリコンシャンプーを使って髪がきしんでしまうのは、洗浄力が強いシャンプーを使って髪の油分がなくなってしまうからです。
アミノ酸系の界面活性剤できしみにくいものもありますが、、、
シリコンシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えたばかりの方はシャンプー後の手触りの違いに驚かれることが多いようですが!

手触りの向上は「トリートメント」の役目なので、自分の髪にあった「トリートメント」選ぶことできっと改善できると思います!

☆まずはここから!シャンプーとトリートメントの正しい選び方☆

シャンプーの選び方

実は簡単だった!?「正しいシャンプーの選び方」

2019年4月1日

ポイントは髪の悩みに合わせて選ぶこと!?「正しいトリートメントの選び方」

2019年5月10日

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です