パーマを長持ちさせたい!パーマをかけた当日から毎日のケアで長持ちさせよう!

パーマを長持ちさせたい!パーマをかけた当日から毎日のケアで長持ちさせよう!

美容室で働いていた時にすごく多かったのが、「パーマが長持ちしない」という悩みです。
せっかく時間とお金をかけてパーマをかけたなら少しでも長持ちさせたいですよね!
パーマの種類や、人によってパーマのもちは変わってきますが、毎日のケアにパーマを長持ちさせるコツがあるので簡単にまとめてみました!

1.パーマが落ちやすい原因は?

一般的なパーマは、髪内部のタンパク質の結合を化学反応を使って一度分解して、また結合させるという仕組みの為、2か月くらいはもつと言われています。
髪質によってパーマのもちも変わってくるのですが、パーマが落ちやすくなってしまう原因がいくつかあるので、パーマのもちが悪いと感じる方は一度チェックしてみてくださいね!

髪が痛んでいるともちが悪い!

髪のダメージが大きい人は、髪内部のタンパク質が少なくなっている事が多いのでそもそもパーマがかかりにくく、もちが悪くなります。

パーマがかかりにくい髪質?

髪のダメージが大きい人はもちろん
直毛や、髪の毛が細い人はそもそもパーマがかかりにくく、もちが悪くなります。

美容師さんの技術が低い

パーマをかける時には、髪質や、ダメージ具合などを見極めて、パーマの種類や薬剤の選定、ロッドの大きさなどを考えるので経験が必要です。
希望通りのパーマにならなかったり、すぐにパーマがおちてしまうなど、、、気になったら別の美容師さんで一度試すのも良いかも知れません。

かけてから1週間でパーマが落ちてしまったら

パーマをかけたばかりなのにストレートになってしまっていると感じたら、勇気を出して美容室に連絡してみましょう。美容室によって期間は異なりますが、1週間以内であれば無料でかけ直してもらえるはずです。

2.パーマが落ちやすいNG習慣

傷んだ髪にはパーマはかかりにくいという性質を持っています。
ドライヤーやコテの温度が高すぎたり、長時間使用するのも、髪のダメージやパーマが伸びる原因になるので避けるようにしましょう!

髪を乾かさないで寝る

濡れたままの髪はダメージを受けやすいのでNG!
必ず乾かしてから寝るようにしましょう!

ドライヤーやコテを高温で使う

濡れたままもNGですが、髪に高温をあてるのもNGです。
髪が痛んだり、パーマが伸びる原因になります。

目の細かいクシを使う

目の細かいクシは髪を引っ張るチカラが強いのでNGです。
パーマをかけた後はなるべく粗いクシでを使うようにしましょう!

美髪ケアが足りない

強いシャンプー、保湿が弱いトリートメントを使うのはチョットNGかも
髪のダメージが最も大きい原因なのでもちを良くしたいのであれば、パーマをかけている時ほど、髪のダメージケアには気を使いましょう!

3.パーマを長持ちさせる習慣!

まず初日!パーマをかけたその日のシャンプーはしない!

化学的な理由も色々あるのですが、、、パーマをかけてすぐは髪の毛が不安定な状況なので、シャンプーは避けてください。
汚れが気になる場合は、ぬるめのお湯ですすぐ程度にしてくださいね!トリートメントはOKです。

シャンプー、トリートメントで髪のダメージケア

パーマをかけた髪を補修&保湿することで、ダメージを改善しましょう。
シャンプーは洗浄力が強すぎる石油系はパサついてしまうので避け、アミノ酸系で保湿力が高いシャンプーを使うのがオススメです。
トリートメントは内部補修効果が高いものを選ぶともちが良くなります。

寝る前は根本からしっかり乾かす

寝る時に髪の毛が濡れていると、傷みやすい状態になってしまいます。
夜のシャンプー後は、ドライヤーを使ってしっかり乾かしましょう。
温度調整が可能なドライヤーであれば、温度を抑え、根本から乾かしましょう。

目の粗いクシを使う

目の細かいクシは引っ張る力が強いので、髪のほつれをほどくイメージで目の粗いクシで優しくとかした方がもちが良くなります。

アウトバストリートメントを使う

髪を日中のダメージから保護するのも重要です。
朝スタイリングをする前にアウトバストリートメントを使うようにしましょう。

最後に、スタイリングでパーマ感をアップさせましょう

パーマはスタイリングが大事です!スタイリング剤を使ってセットすることでパーマを引き立てるようにスタイリングしましょう!

まとめ

パーマにも色々種類があるのですがどのパーマでも長持ちさせるのにはコツがあります!
特にかけてから3日くらいは安定していないので、髪を伸ばしてしまう行為は避けましょう!
また、パーマが落ちてしまう最も大きな原因は髪のダメージ!
ぜひ、今回紹介した「パーマを長持ちさせる習慣」を試してくださいね!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です