キャリアオイルの選び方!食用オイルを肌や髪に使っても大丈夫?

キャリアオイルの選び方!食用オイルを肌や髪に使っても大丈夫?

1.食用オイルを肌や髪に使っても大丈夫?

食用の植物性オイルをスキンケアに利用してもいいの?という疑問をインターネット上で、たまに見かけます。

食用のオイルのほうがコスメ用のオイルより安価だからお手軽に使えるという理由が大きいようです。

結論、、、品質管理基準が違う為、避けた方がよいです。

ここではその理由を簡単にまとめてみました

そもそもキャリアオイルって?

アロマセラピーの際、主にエッセンシャルオイルを希釈するための植物オイルの事をいいます。
エッセンシャルオイルは基本的に非常に高濃度であって希少であり、原液のままでは強すぎて皮膚に直接使用することができない為、キャリアオイルで薄めて使用します。
もちろんキャリアオイル単体でマッサージやお肌や髪のケアにも使用できます!

2.美容用オイルと食用オイルの違い

美容用オイルと食用オイルの一番大きい違いは「精製方法」です。

実際にどのような違いがあるのでしょうか?

美容用オイルの特徴

肌に使用することを前提にして精製されている為、分子量が小さく不純物が取り除かれています。分子量が小さい為、肌なじみがよいです!

食用オイルの特徴

食べることを前提にして精製されているため、分子量が大きく美容用オイルと比較すると不純物も残っている場合が多いです!

3.不純物が肌に与える刺激とデメリット

オイルを絞った時に出る果皮や種のカケラなどがオイルに含まれる不純物です。食用オイルは消化器官が不純物を分解してから吸収するため、多少の不純物は気にする事はありません。

不純物が肌荒れにつながる?

不純物には様々な成分が含まれている為、敏感肌の方やアレルギー体質の方は刺激を感じたり、肌荒れを起こす可能性があるので要注意です!

また、不純物が毛穴に詰まって

不純物でオイルが酸化?

不純物が含まれる事でオイルが酸化しやすくなってしまいます!
酸化したオイルが紫外線をうけると変質して油焼けを起こしてしまう可能性があります。
さらに肌に刺激を与えて肌荒れの原因になるなど、デメリットも多いので要注意です!

食用オイルの中にも、美容用オイルと同等の精製度で美容にも使えるものもあると思いますが、見た目では判断できないです。
どちらもお値段に差はないので、スキンケアやヘアケアに使うならきちんと美容用オイルを選ぶようにしてくださいね!

4.オススメのキャリアオイル

キャリアオイルとして使用できるオイルはたくさん種類があるので、その中でもオスススメなオイルを紹介していきます。

【美髪成分】ククイナッツオイルの髪への効果・使い方は?

【美髪成分】ココナッツオイルの髪への効果・使い方は?

2019年4月4日
【美髪成分】ククイナッツオイルの髪への効果・使い方は?

【美髪成分】ククイナッツオイルの髪への効果・使い方は?

2019年4月3日
【美髪成分】マカダミアナッツオイルの髪への効果・使い方

【美髪成分】マカダミアナッツオイルの髪への効果・使い方

2019年4月2日
【美髪成分】椿オイルの髪への効果と使い方

【美髪成分】椿オイルの髪への効果と使い方

2019年4月1日

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です