~化粧品成分紹介~

化粧品成分を簡単に紹介

ここでは、シャンプーやトリートメントで使われている成分を簡単に紹介しています。気になる成分があった時に見ていただけたら嬉しいです。

目次

石油系界面活性剤(洗浄成分)

コセス硫酸Na

まずこの洗浄成分は「硫酸系界面活性剤」に分類されるもので、ヤシ油などを高圧還元してアルコールとし、硫酸化した安価で強力な洗浄剤の中の一つです。

この硫酸系界面活性剤は洗浄力が非常に強く、肌への刺激が非常に強い成分です

市販シャンプーの多数に使用され、台所洗剤の主成分としても使われています。泡立ちは良く、大量の泡ができることと安価であることからよく使われます。

毛穴に影響を及ぼし、乾燥や肌荒れ、ニキビを起こすことがあり、

さらに肌の弱い方にとっては薄毛や抜け毛の原因となる可能性もあります。

 

最近女性を中心に、若い人の薄毛が増えてきたといわれていますが、この「硫酸」と名前に付く洗浄剤が原因ともいわれ、さらに頭皮から吸収され体の内部にまで悪影響を与えると指摘する専門家もいます。

 

また、生分解性が低く環境に悪影響を及ぼし、河川や海に住む魚など水生生物への毒性があるといわれています。

 

アミノ酸系界面活性剤(洗浄成分)

ココイル加水分解コラーゲンK

アミノ酸PPT系の洗浄成分です。

保湿効果が高く、柔軟性もあり、しっとい潤いのある洗いあがりが特徴です。
髪の補修をし、ツヤハリコシを与え、頭皮の保護効果も期待できます。

ラウロイル加水分解シルクNa

アミノ酸PPT系の洗浄成分です。

成分に含まれる、シスチン・フィブロイン・セリシンの働きで開いたキューティクルにの隙間を埋め、髪の表面の補修をします。手触りを良くする洗浄成分です。

コカミドプロピルベタイン

ヤシ油脂肪酸とベタインを結合させてつくられる両性界面活性剤です。

低刺激で柔軟性があり、洗浄効果とリンス効果を併せ持っているので、リンスインシャンプーに代表されるようなトリートメント効果の高い洗浄製品に配合されます。

洗浄力は高めなのに両性界面活性剤の中でも刺激が大変少ないため、大人用のみならずベビー用シャンプーにも多く使用されている洗浄剤です。

泡立ちは粘り気があり大変良く洗浄がしやすいうえ、刺激の緩和やコンディショニング効果、保湿効果もあります。

刺激性が少ないので、眼や皮膚に入ってしまっても安全性が高い成分だと言われています。

ココアンホジ酢酸2Na

ココアンホジ酢酸2Naは、非常に刺激が少ない洗浄成分で主に助剤、コンディショニング成分として使用される成分で、ベビーシャンプーなどでは、眼の粘液部分に入ってもしみないシャンプーの成分として使用されています。

界面活性剤のため、毒性が0という事は無いが、イミゾリニウム系の界面活性剤は、一般的に刺激の少ないと言われるベタインよりも刺激が低いもので、眼などの粘膜部分に触れても刺激が少ないため、ベビーシャンプーなどの洗浄成分としてベタイン系とともに使用される成分です。

シリコン

ジメチコン

最も代表的なシリコーン油で、オイルに溶けにくい性質をもった無臭・無色透明の液体です。鎖状シリコーンに分類され、皮膜力が高いことが特徴です。

具体的には、次のはたらきがあります。

・撥水性の高さによって、肌表面に耐水性の高い光沢のある皮膜をつくります。

・潤滑性の高さによって、化粧品をなめらかなテクスチャーにします。

・エモリエント効果など、肌や頭皮、髪にツヤを与えるはたらきをします。

(アモジメチコン/モルホリノメチルシルセスキオキサン)コポリマー

アミノ変性シリコーンの非イオンマイクロエマルジョン。

透明で安定性が高く、すすぎ時の感触に高い潤滑性を与える。

補修成分

加水分解シルク

優れた被膜性によりキューティクルを保護し、毛髪表面をなめらかしてくれる成分です。
優れた保湿効果でうるおいも与えてくれます。

加水分解コンキオリン

アコヤ貝の貝殻や真珠に含まれるタンパク質の一種コンキオリンを加水分解して作られます。

髪をコーティングし毛髪にツヤを与え、サラサラ感を演出しれくれる成分です。

加水分解コラーゲン

髪に柔軟性を与える効果が高い成分です。浸透力が高く、吸着後には毛髪内部の水分量が上昇し、毛髪のダメージ部分を補修し、ツヤのある髪にします。

加水分解ケラチン(羽毛)

「フェザーケラチン」とも呼ばれダメージを受けた髪に効果的に浸透、吸着しハリコシを出す効果があります。

ケラチンの中でも、抜群にしなやかで髪への吸着力に優れ柔らかい質感に仕上げてくれる補修成分です。

ケラチン

髪の補修をして、ハリコシを与えてくれる成分です。

ケラチンとはアミノ酸の一種で、角質組織を作っているタンパク質です。
髪の毛はこの「ケラチン」が大半を占めています。
ケラチンを髪に補給することで、コシやハリのある弾力ある髪になれる、潤いのあるツヤやかな髪になれるという効果があります。

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)

旭化成が開発したぺリセアはすばやい浸透性と、高い持続性が特徴の新補修成分です。
毛髪補修効果に優れており、素早く髪に浸透して長く持続します。
キューティクルが浮いてしまうのを防いだり、髪の保水力をアップさせる効果があります。
極度に傷んだ毛髪にも短時間で浸透しダメージをケアすることができると言われています。

保湿成分

シア脂

ステアリン酸とオレイン酸という、どちらも体内で作られている脂肪酸でできていて、髪や肌に自然に馴染みやすく、保湿力に優れた成分です。

ボディクリームのようなアイテムに使用される事が多いでs。

ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl

【アミノ酸系保湿成分】で、優れた保湿効果を有し損傷した毛髪にうるおいを与える効果がある成分です。

まとまり効果に優れ高湿度下での毛髪の広がりを抑えたり、キューティクルのリフトアップ(はがれ)を抑える効果もあります。

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミド※1です。

セラミド*を模倣した素材で、保湿効果を付与します。
うるおい保持やダメージ防止に重要な役割を持ち、ダメージを補修しなめらかな髪を保ちます。
*+乾燥から守るための成分、角層細胞間のすき間を満たして潤いを保ち、外部刺激から肌を守ってくれます。

ヒドロキシプロピルキトサン

カニやエビなどの甲殻類からとれる成分で、毛髪のコーティングをし、保護と質感の向上させる効果があります。

(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

加水分解シルクとアルキルシリコーンのハイブリッドポリマーです。

損傷毛髪への吸着性に優れ、微量添加で毛髪につややしっとり感などの優れた感触を付与するヘアコンディショニング剤です。

ポリクオタニウム-92

セラキュートとも呼ばれる成分で、年齢を重ねハリ・コシがなくなった毛髪に対する作用に特化した髪のアンチエイジング成分です。
【髪と肌がもつ「セラミド」類似ポリマーとカチオン化アミノ酸誘導体を複合化】した成分で毛髪ダメージ部への高い内部補修能力を有し、弾力・ハリを持つ髪へと導く効果が期待できます。

グルコシルヘスペリジン

保水、肌コンディショニング。グルコシルヘスペリジンは、水溶性を高くした、ビタミンP誘導体です。

水に溶けやすくするために、グルコースと結合させたりする事で、水溶性の成分としてもので、「モノグルシルヘスペジン」や「グルコシルヘスペジン」と呼ばれています。

水に溶けやすくするために、グルコースと結合させたりする事で、水溶性の成分としてもので、「モノグルシルヘスペジン」や「グルコシルヘスペジン」と呼ばれています。

メドウフォーム-δ-ラクトン

60℃以上の熱を加えることで髪のキューティクルを整える働きがあり、ドライヤーやヘアアイロンの熱ダメージを予防するのはもちろんのこと、ダメージ補修までも可能にする優秀な成分です。
植物由来でありながら、シリコンと同じかそれ以上のすべり感、静電気防止効果があります。
さらに柔軟感にもすぐれるので、ヘアアイロンをかけても髪が固まりすぎず、しなやかに美しく仕上がります。

加水分解卵殻膜

卵の内側にある0.07mm薄い膜を加水分解し粉末状にしたものです。肌で3型コラーゲンの生成を促進し、シスチンを含む18種類あのアミノ酸を含んでいます。髪のアミノ酸組織の構成にとても似ています。

ポリクオタニウム-51(リピジュア)

ヒアルロン酸の2倍もの保湿力を誇り、スキンケアにも最近良く使われている成分です。

水で洗っても肌に残る性質があり、髪や頭皮への持続的な保湿力を発揮してくれます。

もともと人工血管の内側に使用するために開発された高分子素材で、皮膚刺激や毒性はほとんどなく、アレルギーもないとされている、比較的安全性の高い成分だと考えられます。

ポリクオタニウム-64(リピジュア)

非常に高い保湿力でヒアルロン酸の2倍以上と言われています。
もともとは人工血管の内側に使用する為に開発されたもので、肌への安全性も高く、使用した毛髪は滑り性が向上して、荒れ肌や毛髪を保護する効果があります。
塗布後に水洗いしても吸保湿能が保たれるという特徴があります。

ポリクオタニウム-7

陽イオン性(カチオン)の合成ポリマー。 毛髪や皮膚に被膜を作り保護する。コンディショニング性、帯電防止効果などを有する。 シャンプーによくつかわれるが、きしみを防いだり、泡質の向上、シャンプー後の風合いをよくする効果がある。

アクリレーツコポリマー

シリコンと同じような成分のコーティング剤。

耐水性の高い皮膜形成剤で、自然な柔らかい感触が特徴。

低粘度で、石鹸で洗浄可能。

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

1分間程度の超短時間で毛髪内部に浸透し、なおかつ毛髪表面をコートする、毛髪ダメージを内と外から補修する事ができる成分。天然の脂肪酸とアミノ酸(グルタミン酸とリジン)から作られた成分です。

ポリクオタニウム-61

非常に高い保湿力でヒアルロン酸の2倍以上と言われています。
もともとは人工血管の内側に使用する為に開発されたもので、肌への安全性も高く、使用した毛髪は滑り性が向上して、荒れ肌や毛髪を保護する効果があります。
塗布後に水洗いしても吸保湿能が保つという特徴があります。

キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カニなどの甲羅からとれる成分で、毛髪表面に吸着しコーティングをし質感の向上と保護をしてくれます。

ラウロイル加水分解シルク

優れた被膜性によりキューティクルを保護し、毛髪表面をなめらかにする。
優れた保湿効果でうるおいを与えてくれます。

天然オイル・エキス

ユッカシジゲラ茎エキス

北中米に自生するユッカシジゲラの茎から抽出した植物エキスです。

サポニンを多く含み頭皮環境を健やかに保ち、ニオイも軽減させる効果がある成分です。

オブロマグランジフロルム種子脂

カカオの仲間であるクパス(カプアス、コポアス)という熱帯樹の種子から採れた油です。
アマゾンの熱帯雨林地域が原産で、カカオバターに似た、乳白色の固形油脂です。
実は食用とされ、ジャムやジュースなどに使用されています。

あまり知られていない成分ですが、日本でもすでに15年以上化粧品に配合されています。

肌の水分を逃がさず高い保湿作用があり、抗酸化作用や紫外線吸収作用があるので紫外線によるダメージを防ぐ効果も期待できます。

オレンジ果皮油

リモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。殺菌力、血行促進作用があり、疲れた肌の活性化、清浄作用を持つ精油です。

マンダリンオレンジ果皮エキス

抗酸化性、効能を持っており、角質部分のキメ、ツヤを向上するのに効果があるとされていて、一般的には皮膚コンディショニングや香料といった目的で使用されます。

育毛系成分

キャピキシル

「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」を混ぜ合わせて作られた成分です。《ミノキシジル》の3倍の育毛効果があるといわれています。”
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa 1分間程度の極めて短い処理時間で毛髪内部に浸透し、なおかつ毛髪表面をコートする、毛髪ダメージを内と外から補修する事ができる成分です。

フラーレン

ビタミンCの172倍もの抗酸化力があり育毛にも効果がある成分です。
フラーレンが酸化を防ぐことで、他の成分が酸化されずにその効果を十分に発揮するというデータも得られています。

乳化安定剤

ジステアリン酸グリコール

油系の成分の乳化の安定性を高める、乳化安定剤として配合される成分です。
シャンプーやトリートメントに配合した場合、パール光沢や乳濁感を与え増粘性も高める効果があります。

ネガティブ系成分

ラノリン脂肪酸

アレルギーを起こす可能性があり、かつ臭いが強めというデメリットがある成分です。

イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高いと言われている成分です。

石油系・合成防腐剤

パラベン

パラオキシ安息香酸エステルが正式名称の成分です。
パラベンは、化粧品だけでなく、医薬品や食品などに防腐剤として使用されています。
防腐剤の中でも広い範囲の微生物に対して抗菌力があり、ポピュラーな成分として幅広い分野で活用されています。
主にメチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンの4種がありますが、それぞれ抗菌力と刺激性が異なります。
※プロピルパラベン、ブチルパラベンは刺激性が強く、特にブチルパラベンは発がん性がある環境ホルモンの可能性があると言われているので、避けた方がよい成分です。

メチルパラベン

パラベンの一種で、水に溶けやすいという特徴があります。
肌への刺激が最も少ないかわりに殺菌力が弱く、殺菌できない微生物や菌もあるため、多くの場合はエチルパラベンやフェノキシエタノールなどとセットで使われる事が多い防腐剤です。

エチルパラベン

パラベンの一種で粉末状の成分で油溶性という特徴があります。
広範囲の微生物に対する殺菌力をもっています。メチルパラベンとセットで使われる事が多い防腐剤です。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは、最近ではさまざまな化粧品の防腐剤として配合されることが増えてきた成分です。
パラベンのイメージが悪くなり、パラベンの代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多く、フェノキシエタノールは低い使用量でも防腐効果を発揮できるように進化したことが挙げられます。

ソルビン酸K

スキンケア化粧品、メイクアップ化粧品、洗浄製品など幅広い製品に防腐および防腐補助として使用されています。

メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

単一では使用されずに、チアゾリノン系防腐剤として使用されいてる防腐剤です。

ポリアミノプロピルピグニアド

さまざまな菌に対して効果を発揮する防腐剤です。
乳化系でも防腐力が低下しないためどんな剤型でも使用でき、さらに、パラベン類と比較して低濃度で効果を発揮します。
また、パラベン類やフェノキシエタノールと比べ、塗布したときの【ピリピリ】や【ヒリヒリ】といった感覚的な刺激が少ないため、敏感肌用やベビー用など低刺激コンセプトの製品に最適です。
化粧品だけでなく、薬用化粧品(部外品)にも使える優れた防腐剤です。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です